大会での表彰

地区会では大会で優秀な発表をした若手生態学者に賞を送っています。

以下はこれまでの受賞者リストです。

2016年度 

  若手研究奨励賞

  • Evangelia Kazila (北大・環境科学)
  • 内田葉子 (北大・環境科学)
  • 相田大輔(北大・理)

  若葉賞

  •  稚内高校・科学部

 

2015年度

  若手研究奨励賞

  • 三浦一輝 (北大・環境科学)
  • Evangelia Kazila (北大・環境科学)
  • 佐橋玄記 (北大・環境科学)

   若葉賞

  •  札幌旭丘高校・生物部

  

2014年度 

  若手研究奨励賞

  • 曽我昌史 (北大・農)
  • 小野寺緑也 (北大・環境科学)
  • 内田健太 (北大・環境科学)

  

2013年度

  若手研究奨励賞

  • 辰巳晋一(東大・北演)
  • 飛田千尋(北大・理・生物)
  • 渡辺崇史(北大・環境科学院)

 

2012年度 

  若手研究奨励賞

  • 速水将人(北大・環境科学院)
  • 簑島萌子(北大・環境科学院)
  • 杉木 学(北大・環境科学院)

 

2011年度

  若手研究奨励賞

  • 深谷肇一(北大・院・環境)
  • 松村洋子(北大・院・農)
  • 笹千舟(北大・院・環境)

 

2009年度

  若手研究奨励賞

  • 深谷肇一(北大・院・環境科学)「日本太平洋沿岸のイワフジツボ属における個体群動態の地域間比較:季節性とその緯度 勾配」
  • 朝香友紀子(北大・院・環 境科学)「南インドレフュージア仮説を支持するツムギアリの系統地理」
  • 泉佳代子(北大・院・環境科学)「アカネズミのタンニン耐性の地域比較」

 

2008年度

  若手奨励賞

  • 北野雅人(北大・環境科学院)「苫前の風力発電施設におけるバードストライク発生要因の解明」
  • 寺田千里(北大・環境科学院)「形態的特徴に基づく屋久島に生息するニホンジカ( Cervus nippon )の固有性 の評価:周辺6島嶼個体群間の比較」
  • 西井絵里子(北大・環境科学院)「三種類の野ネズミにおける糞中プロリン量と糞中タンナーゼ活性の季節変化~ドングリに含まれるタンニン毒性回避メカニズムと関連づけて~」

 

2007年度 若手賞(賞状と寸志を授与)

  • 矢澤佳子(北大・環境科学)「半島マレーシアの熱帯多雨林における樹木 200 種の樹冠構造の種間変異」
  • 小暮慎一郎(北大・環境科学)「ミズナラ林冠木個体に対する全切葉が植物の変化を介して植食性昆虫群集に与える間接 効果: 2 年間の経過 」
  • 野崎開太(北大・水産)「富栄養化が捕食者の絶滅リスクを下げる状況を発生させる―被食者が捕食者の死骸を摂 取するモデルにて―」

 

 

2005年度,2006年度 情報無し

 

2004年度 若手賞(賞状と寸志を授与)

  • 平林結実(北大院・地球環境)「花序形態と花序内蜜分布がマルハナバチの訪花行動に与える影響」
  • 國司綾子(帯畜大院・生態保護)「ベニバナイチヤクソウの生存戦略における菌根菌の役割」

 

 

2003年度 若手賞(賞状と寸志を授与)

  • 堀川大樹(北大院・地球環境)「広域分布を示すオニクマムシの耐乾燥性と耐低温性」
  • 堀田万祐子(北大・苫小牧研究林)「生息地の分断化が絶滅危惧樹木クロビイタヤの繁殖成功と遺伝的多様性にあたえる影響」
  • 大澤剛士(北大・地球環境)「根萌芽を行うシウリザクラPrunus ssioriの個葉特性変異と食害パターン」

 

2002年度 若手賞 (賞状と寸志を授与)

  • 佐藤 琢(北大・院・水産)「イボトゲガニHapalogaster dentataの繁殖能力と精子配分戦略」
  • 西 秀雄(北大・院・地球環境)「北海道駒ヶ岳における鳥散布種子を生産する木本植物の侵入様式」

 

2001年度 修論賞(賞状と寸志を授与)

  • 今井 周一郎(北大・院・農)「個体群間での形態形質の進化的変化のパターンと選択圧の影響 」
  • 山田悦子(北大・院・地球環境)「スズラン(Convallaria keiskei)の繁殖様式と集団の遺伝的構造」