自然保護関連

自然保護に関する問い合わせ

自然保護に関する問い合わせは、自然保護専門委員にお願いします。


自然保護専門委員会・総会議題申請手順(特に要望書)について

 自然保護要望等の議案を、地区会経由で自然保護専門委員会(以下、自然保護委)・総会に提案を希望する場合には、地区会への議案提出に関して以下の点に注意ください。

 自然保護委における議題は相当数あり、提出された資料に基づき、事前に議題とするか否かを検討しています。その検討期間は、数か月を要するのが普通です。したがって、通例では全国大会前日に開かれる自然保護委で議題とするには、その数カ月前には地区会から議案を提出せねばなりません。一方、地区会から全国大会に提案する議案は、地区会総会の承認を必要とします。したがって、本大会が3月に開催される場合には、前年の12月には、地区会から自然保護委に議案を提出せねばなりません。地区会での審議期間を考慮するならば、自然保護委の開催される半年程度前には、地区会へ議案についての打診をお願いします。緊急を要する議案については、この限りではありませんが、自然保護委において審議不十分につき議案の採決が保留となることもあるため、入念な準備をお願いします。なお、これまでより円滑な議案の提案を図るために、地区会では、規約の改正も検討中です。

 現在、各地で様々な自然保護問題が起こっており、それらのすべてに日本生態学会が対応することは現実的ではありません。自然保護委では、保護の「全国レベルでの必要性」と「学術的な根拠」を採択の基本として考えていますので、この2点に注意して、議案・資料の作成をお願いします。

 以上、よろしくお願いします。 


要望書


安平川湿原の大規模フェンの保全のための要望書

2012年8月9日

北海道知事

高橋はるみ様

日本生態学会北海道地区会

 

安平川湿原の大規模フェンの保全のための要望書

 

 貴職、知事におかれては、治水・利水・河川環境保全の観点から河川を管理する立場にあって、安平川の河道内調整地を計画すると同時に、北海道の自然環境保全上きわめて重要視される生物多様性保全を図る立場にあることから、次の問題に真摯に対応していただけますよう、強く要望いたします。

 

趣旨:野生生物の生育・生息地として重要な安平川湿原の大規模フェンを将来にわたって存続させるため、河道内調整地に取り込むことを要望する。

 北海道苫小牧市の北部や東部から隣接市町にわたる低地帯は勇払地方と呼ばれるが、この地域にはラムサール条約登録湿地となったウトナイ湖など、湿原が多数存在している。北日本の低地でみられる泥炭地湿原の湿生草原は、ミズゴケが優占する強酸性で低生産性の草原(ボッグ)とスゲ属などが優占する弱酸性で高生産性の草原(フェン)からなり、これらはそれぞれ旧来の名称である高層湿原と低層湿原におおよそ対応する。また、このような低地の泥炭地湿原の南限はおおよそ青森県付近であり、それより南の地域では有機物が分解し泥炭を持たない湿原になる。
 勇払地方の湿原群の中で、安平川湿原は安平川の最下流域において、支流である勇払川との合流点から北に広がる、三角形の形に残された湿原である(図参照)。図示するように、安平川湿原に二つあるフェンのうち、道道259号線の南側に隣接する大きな方のフェン(大規模フェン)は、勇払地方の湿原群の中で最大の面積(約130 ha)を占め、北日本の中でも道東の根釧地方の湿原群を除くと最大級の大きさを有している。また、大規模フェンの現存植生は、他地域に見られない安平川湿原特有のフェン群落から構成されている(永美暢久・矢部和夫・中村太士 2010.北海道勇払地方における安平川河道閉鎖後の残存フェン群落の種組成と分布パターンの変化. 保全生態学研究, 15: 29-38)。
 安平川湿原周辺一帯にはヒメタヌキモ、イトナルコスゲ、タルマイスゲなど47種の希少植物が確認されている。さらに、鳥類については、安平川湿原を含む安平川河口付近において、チュウヒ、シマアオジやアカモズなど26種の希少鳥類が確認されている。すでに日本野鳥の会は、希少鳥類が多いことから、北海道に対して鳥獣保護区特別保護地区指定を求めているところである。以上のように、安平川湿原は、道央圏の生物多様性保全の拠点となる存在であり、わが国の生物多様性保全の観点からみても全国レベルで特記される貴重な自然である。しかし、安平川湿原についてこれまで保護策が一切講じられてこなかった。
 2011年3月の第9回安平川水系河川整備検討委員会(最終)において、北海道は、安平川湿原を含む安平川最下流域の950 haを河道内調整地(遊水域)として、自然環境を保全しながら治水に利用する計画を提案している。一方、苫小牧商工会議所など地元経済界は、苫小牧東部地域は工業専用地域であるので、自動車産業などの企業を誘致すべきであると主張している(石原健治・加藤高明、読売新聞北海道支社朝刊「地球の叫び」2008年12月18日)。
 こうした状況下において、950 haの具体的な形状は、今後開かれる地元の「安平川下流域の土地利用に関する連絡協議会」によって決定されるとされている。大規模フェンが河道内調整地からはずされ工業用地にされるならば、野生生物の良好な生育・生息地としての大きな価値を失ってしまう。従って、当該の大規模フェンを将来にわたって存続させるため、その全体を安平川の河道内調整地に組み込むことを強く要望する。 

 

■PDF版の要望書

ダウンロード
安平川湿原の大規模フェンの保全のための要望書.pdf
PDFファイル 222.8 KB


■安平川湿原大規模フェンとその周辺の自然をめぐる最近の動向


 【背景】

  • 千歳川放水路計画で停まっていた安平川水系の治水計画が、安平川河川整備計画検討委員会の議論を経て2003~2011年に策定された。
  • 同計画では、最下流部に遊水地(名称は「河道内調整地」)を造り、治水と苫東地域内弁天沼周辺の環境保全を両立させる画期的な治水計画。
  • 遊水地の面積は当初1500haとして公表され、その後道経済部と苫小牧市商工関係者が反発し水面下での調整で950haに縮小され、境界線線引きや平常時の利用については別途地元関係者だけによる「安平川下流部の土地利用に関する連絡協議会」(以下「協議会」)」を設けて協議する事になった。
  • 境界線線引きのポイントは、いすゞ自動車工場の南側の湿原(安平川下流部右岸の大規模フェン)の扱い。大規模フェンは国指定RDB種のチュウヒ、シマアオジ、シマクイナ等の生息地でまとまった湿生草原として評価されているが、開発側はH24供用開始の道道259号(上厚真苫小牧線)に面した南側の大規模フェンを工場用地として確保し、自動車産業を集積誘致したい意向。

 【最近の動向】

1)2012年1月25日 日本野鳥の会は本件に関し、道に要望書「苫小牧東部工業開発地域弁天地区の鳥獣保護区指定および保全について」を提出し、同地域一帯の保全を要望している。2)2012年3月 安平川河川整備計画検討委員会では、遊水地(河道内調整地)に優れた自然(湿原)を含めるように意見書をつけた。
3)2012 年7月 第1回連絡協議会開催(顔合わせ)
4)2012年8月9日 日本生態学会北海道地区会は「安平川湿原の大規模フェンの保全のための要望書」を提出。北海道新聞と苫小牧民報に記事が掲載。
5)2012年11月29日 連絡協議会幹事会が行われる。

  • 河道内調整地の形状について、大規模フェンを含めた境界案がウトナイ湖サンクチュアリ原田氏より提案。
  • 道経済部、苫東より、道道259号(上厚真苫小牧線)により利便性が高くなる場所として、大規模フェンを含む道道の南側は一定面積を確保し、今は計画がなくても将来的な工業の進展に備えておきたいという意向が示された。
  • 事務局(室蘭開発建設部治水課)より、遊水地の境界が決まってから堤防工事が着工するまでは 「土地買収、設計等を経るため、最短でも10年はかかる」、また「議論をもとに治水効果を考えて最終的に判断する」との事。

6)2013年3月27日 第2回連絡協議会幹事会開催予定。事務局より境界案が提出される予定。 


大規模林道中止要望書

資源幹線林道、平取・えりも線「様似・えりも区間」の工事中止を求める要望書

 

 緑資源幹線林道(旧、大規模林道)平取・えりも線の総延長72.1kmのうち、「様似・えりも区間」は、様似町大泉とえりも町目黒を結び、幌満川と猿留川それぞれの源流部となる日高山脈主稜線を横断する延長14.1kmの区間である。この区間は、1973年の大規模林業圏構想から発した同路線の中で、1996年の工事着手時点における自然破壊の批判によって施工されず、その後2000年まで、事業者による一時的中止と再評価の経緯をたどった。ところが、1996年以降の種々の批判に対する充分な回答がないまま、2001年から実質的な工事が着手・再開され、少しずつ進行している。

 日高南部の林道予定地一帯の生態系は、標高約700m以下の低地に位置するが、以下の点を併せて、北海道他地域に認められない、極めて高い価値を有している。 第一に、この地域の植生は、その自然度が非常に高い。針広混交林が広い面積を占め、隔離分布するゴヨウマツ林、北海道内南限のケショウヤナギ林、ならびに崖地・崖錐(風穴地)に成立する高山性植物群落も認められる。

 第二に、この地域の維管束植物相は、南北両要素が混在する特殊性がある。この植物相は、北海道では日高南部と渡島半島部に隔離分布するモミジバショウマ、日高南部に限られるコゴメウツギなど、著しい隔離分布を示す希少な温帯性植物を含んで、本州以南では連続的に分布する温帯性植物が非常に多い特徴を有している。この特徴は、氷期に北海道の温帯性植物が渡島半島部と日高南部に遺存した結果と考えられている。一方、低地にありながら、カムイコザクラ、トカチトウキ、ヒダカトリカブトなどの北海道固有植物を含む、リシリシノブ、ケショウヤナギなど希少な高山植物や北方系植物が少なくない。これらの出現は、崖地や崖錐など、この地域の地質・地形的特徴と結びついている。以上の南北両要素を合わせて、出現植物約500種の中で、絶滅危惧植物が30種以上を数える(以下にリストあり)。

 第三に、動物相も同様に豊富であり、シマフクロウ、エゾナキウサギ、6種のコウモリ類(ヒメホオヒゲコウモリ、カグヤコウモリ、ニホンテングコウモリ、ニホンコテングコウモリ、ニホンウサギコウモリ、チチブコウモリ)など、絶滅危惧種が少なくない。とりわけシマフクロウとエゾナキウサギの生息は、それぞれ自然河川と崖錐に結びついている。  本区間の林道開削は、急峻な地形が卓越する地域、かつ源流域における工事進行によって、上述のような極めて高い価値を有する生態系、車道周辺だけではなく流域全体に多大な影響を及ぼし、同時に下流域への土砂流出によって沿岸に住む人々の生活や漁業へも大きな影響を及ぼすことが危惧される。北海道林務部(1980年)による本路線に関する研究報告書において、幌満と目黒は北海道屈指の局地的多雨地域とされ、崩壊しやすい地質・地形的特徴があいまって林道予定地では土石流などの災害が生じやすい危険性が指摘されている。ところが、森林開発公団(1998年)と緑資源公団(2001年)による二つの環境影響評価書では、上述の自然の特徴は十分把握されておらず、しかも土石流など災害の影響についてまったく問題にしていない。さらに、建設後の排ガス、騒音など、車道における種々の影響についても触れられていない。

 本区間の目的について述べると、林道予定地の大半を占める道有林は、現在、伐採せずに森林の公益的機能を重視する基本方針を掲げており、本林道計画が掲げる目的とまったく合致しない。

 以上、本地域の特異かつ希少な生態系を保全するために、日本生態学会は、以下のことを要望する。

1. 平取・えりも線「様似・えりも区間」の工事を即時中止すること

2. 1にともない、平取・えりも線全体の計画を見直すこと

 

以上決議する。

2005年3月29日

第52回日本生態学会大会総会

 

本要望書「様似・えりも区間工事中止要望書」のアフターケア委員(5名)

1. 委員長 佐藤 謙 (北海学園大学) kensatoh@elsa.hokkai-s-u.ac.jp

2. 委員 紺野康夫 (帯広畜産大学) konno@obihiro.ac.jp

3. 委員 久保田康裕 (鹿児島大学) kubota@edu.kagoshima-u.ac.jp

4. 委員 石川幸男 (専修大学美唄短期大学) ishikawa@senshu-hc.ac.jp

5. 委員 柳川 久 (帯広畜産大学) yanagawa@obihiro.ac.jp 

ダウンロード
平取・えりも線植物リスト.pdf
PDFファイル 111.2 KB
ダウンロード
大規模林道平取・えりも線の「様似・えりも区間」の植物的自然について.pdf
PDFファイル 459.2 KB

緑資源幹線林道、平取・えりも線「様似・えりも区間」の工事中止を求める要望書(案)

 

 緑資源幹線林道(旧、大規模林道)平取・えりも線「様似・えりも区間」は、路線総延長82.5kmのうち、様似町大泉とえりも町目黒を結び、日高山脈主稜線と道有林を横断する区間延長14.5kmとされる車道である。この車道は、古く1973年の大規模林業圏開発構想から発したものであり、とくに90年代後半において自然破壊の批判を浴びたのち、事業者は、一時的中止と再評価を経ながら種々の批判に十分回答しないまま2003年から工事に着手している。

 林道予定地を含む日高南部の植生は、標高範囲が約700m以下と比較的低いことから針広混交林を主体とするが、ほとんど自然植生からなる。また、希少群落として、隔離分布するトドハダゴヨウ林、道内南限のケショウヤナギ林、ならびに崖地・岩礫地(風穴地)におけるリシリシノブなど希少な高山植物を主体とする荒原群落が特記される。さらに、多くの森林が林床でササ類の被覆が非常に少ない特徴を示している。これは、この地域において現生あるいは化石的な崖錐が広く発達する急峻な地形的特徴と対応している。

 林道予定地周辺の維管束植物相は、少なくとも500種以上の植物からなり、30種を超える絶滅危惧植物が認められる。この植物相は、北海道において渡島半島部と隔離分布するモミジバショウマ、北海道で日高南部に限られるコゴメウツギなど、著しい隔離分布を示す希少植物を含み、温帯性植物が非常に多い特徴を有している。この特徴は、北海道の温帯性植物が氷期におけるレフュージアの渡島半島部と日高南部に遺存されたことによると考察されている。一方で、低標高地にありながら、カムイコザクラ、トカチトウキ、ヒダカトリカブトなどの北海道固有植物を含む、希少な高山植物や北方系植物が少なくなく、これらの出現は、崖地や崖錐(風穴地)など、この地域の地質・地形的特徴と結びついている。動物相も豊富であり、シマフクロウ、エゾナキウサギ、6種のコウモリ類(ヒメホオヒゲ、カグヤ、ニホンテング、ニホンコテング、ニホンウサギ、チチブ)など、絶滅が危惧される希少種が少なくない。シマフクロウとエゾナキウサギの生息は、それぞれ自然河川と崖錐(風穴地)に結びついている。林道予定地一帯の自然は、総じて、南北両要素の生物が混在する特殊性を持って自然な生態系を形成し、極めて高い価値を有している。

 この区間に関する環境影響評価書は、森林開発公団(1998年)と緑資源公団(2001年)による二つがあるが、両者とも、極めて杜撰な調査結果と影響が少ないという結論を示して、工事着手に結びつけている。例えば、植物相に関して北海道新産4種類や極めて希少な植物の出現が記録されているが、まったく評価されていない。また、北海道林務部(1980年)による本路線に関する研究報告において、幌満と目黒が北海道屈指の局地的多雨地域とされ、崩壊しやすい地質・地形的特徴があいまって林道予定地では土石流などの災害が生じやすい危険性が指摘されているにもかかわらず、上記の環境影響評価書では、この点を問題にしていない。しかも、下流域への土砂流出、排ガス、騒音などに関する影響予測もなされていない。源流域での工事がこのまま進行するならば、貴重な自然への影響だけはなく、下流域の沿岸に住む人々の生活や漁業への影響も大いに危惧される。さらに、この林道が掲げる目的は、予定地となる道有林における現在の基本方針、伐採をせず森林の有する公益的機能を重視する方針とまったく合致しない。

 従って、本学会は、本林道がすみやかに中止されることを要望する。

 

提出先

独立行政法人緑資源機構

理事長   伴  次雄  様

林野庁長官  前田 直登  様

北海道知事  高橋 はるみ 様

ファイル日付 2005年3月21日